聴く時の注意点について

聴く時の注意点について

引き続き、「聴く」ことについて
今回は聴く時の注意点です。

コミュニケーションでは、言葉で伝える割合は35%しかないそうです。

残りの65%は、表情やしぐさのどの非言語で伝えていると言われています。
同じ言葉を言ったとしても、口調や表情が違えば、
別のことを意味していると理解しなければなりません。

例えば「大丈夫。」という言葉でも、
相手の目をしっかり見て言うのと
視線が宙を浮いたような目でいうのでは。
本当に伝えたいことは全く変わってきます。

もし相手の表情を見ていなかったら、
言葉だけを信じてしまい
不安を隠すために言っていたとしても
気づかないでしょう。

会話をしている時、注意すべき点は
言葉だけでなく、相手の表情、しぐさ、イントネーションなどにも
意識を集中することです。

相手の本当の気持ち、感情などを
正確に知ろうとすることが大事です。

「大丈夫」の裏に隠された気持ちを察することができるよう
常日頃から子供達と接しています。
これからも、気持ちをわかるために、集中して聴き続けます。

最後までお読みいただき、ありがとうございます。